ミラドライで長年の悩みだったワキガを改善

術後のダウンタイムもトラブルなし

学生の頃から脇汗が悩みミラドライでワキガ治療術後のダウンタイムもトラブルなし

当日は脇毛の処理を行ってくることを指示されたので、忘れずに処理を行ってから施術を行うことになりました。
施術時には脇をしっかり消毒してから、特殊な医療用のマーキングシートを患部に貼り付けて、自分の脇にある汗腺部分を医師が丁寧にマーキングしていきます。
この事前準備をきちんと行うことで医師が汗腺の範囲を見極めて、照射漏れがないようにすることが可能です。
次に局所麻酔を行ってから実際に照射を行っていきましたが、片方で約30分ほどだったので両方完了するまでに1時間ほどかかりました。
最初は痛みがないか不安でしたが、局所麻酔を行っていたことや独自のクーリングシステムのおかげでほとんど痛みもなく全て先生におまかせしました。
術後は軽い腫れが出たので、翌日まで運動などは行わず患部を冷却材を利用して冷やしておき、出かける際には専用テープで固定しておけば普段どおりに過ごせたので、思ったより負担もなく安心しました。